你的位置:主页 > 明星 >

日本的夫妇别姓问题研究[日语论文]

2020-07-19 | 人围观

  日本における夫婦別姓についての一考察[日语论文]

  摘要

  1985年,日本批准废除女性差别对待条约,夫妻拥有同等权利,特别是选择姓氏。此外,不仅是在法律上平等更要实现事实上的平等。可是,日本的民法虽规定了法律上的平等,事实上,已婚夫妇约有97%都选择了丈夫的姓氏,大部分情况都是以女性改姓为结果的。这种情况作为背景,以司法界和市民团体等为中心,追求可自由选择夫妇同姓或别姓的法律制度呼声很高。

  本文以日本夫妇别姓制度为焦点,首先,论述夫妇别姓问题的原委,总结日本国会上推进夫妇别姓制度的历史。其次,在NHK民调、总理府广播室调查、内阁府民调、朝日新闻问卷调查报告的基础上,阐明日本人关于夫妇别姓问题的意识。此外,分析实际生活中夫妇同姓的问题点,以及赞成和反对夫妇别姓的理由。在错综复杂的原因下,实现完全夫妇别姓有困难,而选择性夫妇别姓将是当前男女平等社会中应该有的形式。

  关键词: 日本;夫妇别姓;夫妇同姓;户籍;家族观

  主旨

  1985年に日本が批准した女子差別撤廃条約は、夫と妻の同一の権利として、特に姓を選択する権利を挙げ、さらに、法律上の平等ばかりでなく事実上の平等を実現することを求めていた。ところが、日本の民法では法律上の平等は規定しているが、事実上,結婚した夫婦の約97%が夫の姓を選択していて、ほとんどの場合女性が改姓する結果となっている。このような状況を背景として、法曹界や市民団体などを中心に、夫婦同姓と夫婦別姓を自由に選べる法制度を求める声が高まってきた。

  本稿では、夫婦別姓について焦点にを当て、まず、夫婦別姓問題の経緯を論じ、国会における夫婦別姓推進史などをまとめてみた。次に、NHK世論調査、総理府広報室調査、内閣府世論調査、朝日新聞デジタルアンケート調査に基づいて、夫婦別姓に関する日本人の意識を究明しょうとする。それから、実生活における夫婦同姓の問題点、夫婦別姓についての賛否理由を分析してきた。最後に、さまざまな要因が複雑に絡み合っている中、完全夫婦別姓論は難航するが、選択的夫婦別姓は男女平等の今日の社会においてあるべき形であると考えられる。

  キーワード: 日本; 夫婦別姓; 夫婦同姓; 戸籍; 家族観

  摘要 I

  主旨 II

  はじめに 4

  1夫婦別姓問題の経緯 5

  2夫婦別姓に関する意識調査 7

  2.1NHK世論調査 7

  2.2総理府広報室調査 7

标签:
Top